心に与える達成感

男女

タレントにおける仕事の量やその方向性などを考えていくうえで重要なのは、タレントマネジメントに他ならないでしょう。一言でタレントといってもその内容は様々です。テレビではバラエティー番組から情報番組まで幅広く、それ以外でもイベントのゲストやCM出演などタレントのイメージはダイレクトに仕事に繋がると言っても過言ではないでしょう。タレントをどのように売っていくのか、どのようなイメージを持たせるのかなどのブランディング面なども手腕として必要となってきますが、給料面はサラリーマンと同じような給料制である場合が多いです。支給額は会社によって様々ですが、タレントマネジメントにおける仕事内容を考えるとよっぽどその仕事やタレントが好きな人でないと大変なのではという声が多いのは事実です。

サポートする力

会議

では、タレントマネジメントの職に就く人はなぜそれを選ぶのでしょうか。タレントを有名にしたい、夢の為に一緒に頑張ることにやりがいを感じるなど理由は色々あるとは思いますが、マネジメント業務に関しては自分が前に出るというよりタレントを立てる、あるいはタレントを守るなどサブにまわる仕事です。もちろん、タレントの管理ではスケジュールからタレントのマナーや礼儀など教育もしていかなければならないときもあります。そう考えると一からタレントを育てて人間的にも成長させたり、辛いときはサポートしつつ一緒に悩んだりして有名になっていくタレントをサポートすることに大きなやりがいを心から感じられるのかもしれません。

夢見る未来

会議

大きな成果を味わう為には、人よりも辛い経験をすることは避けられないのではないかと感じますが、それを乗り越えるから結果を出せるし、そのありがたさを心から感じられるのでしょう。タレントマネジメントとは、タレントを通して自分だけでは決して見ることができなかった景色や経験を一緒にしていくことができるのが、大きな魅力なのかもしれません。そんな未来を信じて、日々色々な仕事を取ったりタレントを売り込んだり、必死に働く姿はタレントと同様に評価されるべきなのかもしれません。